相続について | 税理士相談 関西の相続税対策

相続について

家族が亡くなった後にその人の残した財産を引き継ぐことになりますが、遺産相続をするときに心配なのが様々な相続トラブルではないでしょうか?
一般的に遺産相続はトラブルがつきものだと思われており、実際にトラブルが起こる可能性も高いので、遺産相続をするということ自体がとても憂鬱になってしまうところもあるみたいです。
遺産相続を経験した人に話を聞いてみたところ、全体のおよそ70パーセントが大小問わず何らかの相続トラブルを経験したと答えているので、あらかじめ何か問題が起こらないように対策を立てておくことは非常に重要だと言えるでしょう。

▼ 目次

相続トラブル回避するには

それではどうすれば相続トラブルを回避できるのかと言うと、まずは相続人や被相続人自身が遺産相続についてもっと知識を得ることが大切で、知識を持っているのと持っていないのとでは選択肢も大きく変わってきます。
最初に知っておいて欲しいのは遺産相続がどのような流れで進められていき、どのようなものが相続の対象になり、どのような手続きをする必要があるのかというところで、これを把握しておくだけでもかなり違ってきます。

はじめに遺産相続の簡単な流れから説明しておくと、まずは被相続人が遺言書を残しているかどうかの確認からスタートします。
遺言書は被相続人の意思を反映できる非常に重要な書類で、それを残しておくことによって誰がどの財産を相続するのか明確になりますし、その後手続きなどもスムーズに進められるメリットがあります。
特に相続財産の金額が大きくなる可能性が高い場合、相続人同士ていざこざが起こるかもしれませんし、これまで良好なコミュニケーションを取れていた家庭でも相続をきっかけに険悪になってしまうケースは多々ありますので、そういったことを防ぐ抑止力にもなります。

遺言書の種類とは

遺言書には自筆証書遺言と公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があって、それぞれ特徴があります。
まず自筆証書遺言はもっともシンプルでスタンダードな遺言書で、紙とペンがあればその場ですぐに作成できますし、特に決められた書式があるわけでもないので誰にどの財産を相続させるのか分かれば構いません。
ただし必ず自筆で記入することと署名捺印をすることだけは忘れないでください。

公正証書遺言はその名の通り遺言書を公正証書として残すので、ある程度時間も手間もかかります。
作成は公証役場で行いますが、下書きをあらかじめ弁護士や司法書士に依頼して一緒に作成しておくことも可能なので、専門家の力を借りたほうがよりスムーズに進められると思います。
相続を弁護士に相談するなら
公正証書遺言のメリットは一番コストはかかるものの、裁判所の検認が必要ないところで、被相続人の生前から検認の必要ない正式な遺言書として認められているので安心して遺産相続に移れます。
秘密証書遺言は証人を準備しなければならなかったりして面倒な部分も多いですし、内容を第三者が確認することができませんので、あまり利用する人はいませんしおすすめもしません。

遺言書が残されていない場合

次に遺言書が残されていない場合ですが、このときには遺産分割協議と言って相続人たちが集まって誰がどの財産を相続するのか話し合います。
遺産分割協議は相続人すべてが情報を共有している状態でなければいけませんので、たとえば相続人のひとりが遠方に住んでいる場合は電話などで情報を共有するなどして対応してください。
遺産分割協議が無事終わったら遺産分割協議書を作成し、その後は相続人が各々で手続きを進めていきます。

このときに注意しておきたいのが相続税が発生するかどうかで、これは相続した財産の総額がどれくらいになるかによって変わりますからきちんと計算しておきましょう。
相続税の対象になる財産というのは現金や株式、土地や建物などの不動産、自動車や骨とう品、貴金属などプラスの財産と呼ばれるもので、借金などマイナスの財産がある場合には先にそれらを引いておきます。
さらに葬儀に必要になったものや墓地・墓石などは相続財産の対象にはなりませんのであらかじめ除外しておきます。

そして相続税かかかるかどうかは相続財産の総額から基礎控除額を引いて残った部分があるかどうかで判断できますので、基礎控除の計算式をきちんと理解しておきましょう。
相続税の基礎控除は3,000万円+600万円×相続人の数で計算することができますので、たとえば相続人が5人いる場合は3,000万円+600万円×5で6,000万円が基礎控除額となります。
配偶者に限り配偶者控除も適用させることができますので、こちらも併せて覚えておくといいでしょう。
相続税の非課税枠について調べるならこちら

相続税の手続きは自分で進めることもできますが、税理士に依頼するとスムーズなので、基本的に税理士に任せてしまうのがおすすめです。
相続税をできるだけ少なくしてくれたり、税務調査を回避できるなどの工夫もしてくれます。
まずは税理士事務所のホームページなどをチェックして、候補をピックアップし比較してみるといいかもしれません。

新着情報

相続相談の税理士費用はいくら?


・相続に関する税理士への相談内容
相続が発生した時、多くの方は税金の支払いが必要となります。
「うちは相続する財産なんてないから大丈夫」と思っている方もいるのですが、相続の対象となるのは現金だけではなく、保有している土地や建物などの不動産も含まれます。
また、財産や資産の中には、株式や有価証券もあるかもしれませんし、近年は電子マネーなども所有したまま被相続人が亡くなるというケースも増えてきているのです。
このように、意外にも相続税が発生する条件をクリアしてしまう人もいたりします。
ただ、国でもすべての相続に課税するわけではなく、基礎控除として3,000万円と相続人1人当たり600万円の控除が認められています。
そうなってくると、最低でも3,600万円を超えない限りは課税されないことになります。
なお、配偶者となるとさらに控除が受けられ、より課税対象となる部分は削減できます。
ただ、それでも相続に関しては相続税のことで悩まされることもあるので、専門家への相談を考えておくと良いです。
事実、税理士への相談内容として多いのが、圧倒的に相続税のことだと言えるでしょう。

≫ 『相続相談の税理士費用はいくら?』

大阪で相続税の相談をしたい

大阪では相続税について悩んでいる人が多く、その悩みを解決したいといろいろなところから情報収集している人もいると思います。
相続税は遺産相続するときにかかってくる税金で、すべての相続人が対象になるものではありませんが、基礎控除の引き下げが平成27年1月1日にあったため、対象になる人の数は現在10人に1人の割合になると言われています。
≫ 『大阪で相続税の相談をしたい』

滋賀で税理士を探す

相続税に関する相談は税理士にするのがベストですが、滋賀で税理士を探すときにはどんなことに注意すればいいのでしょうか?
まず相続税ってどんな税金なの?という人のために説明しておくと、これは文字通り遺産相続をするときにかかってくる税金で、相続人となる人が対象になります。
≫ 『滋賀で税理士を探す』

神戸で税理士に相談

被相続人が亡くなったあと、遺産相続をスタートさせなければいけませんが、遺産相続するときに相続税に関する問題が出てくることがあります。
相続税って財産をたくさん相続したお金持ちの人の税金でしょ?と思っている人もいるかもしれませんが、今相続税は私たちの生活にとても身近なものになっており、十分に知識として持っておかなければならないことになっています。
と言うのも、相続税の基礎控除は平成27年1月1日以降大幅に引き下げられており、平成26年12月31日までは5,000万円+1,000万円×相続人の数という計算式で求めていたのが、3,000万円+600万円×相続人の数という計算式に改正されたのです。
≫ 『神戸で税理士に相談』

兵庫で遺産相続

兵庫で遺産相続に関する悩みを抱えている人もいると思いますが、遺産相続をスムーズに進めるためにはまずどのような流れで進めていくのか、どういった手続きをしなければならないのか知ることが大切です。
そこでここでは遺産相続の際に必要な手続きについてお話していきますので、これから遺産相続をするかもしれないという人は参考にしてください。
≫ 『兵庫で遺産相続』